安倍内閣の集団的自衛権行使容認の閣議決定に対する抗議声明

【声明】憲法9条を破壊する安倍内閣の集団的自衛権行使容認の閣議決定に満身の怒りを持って抗議し、断固撤回を求めます。

 

 安倍内閣は7月1日、集団的自衛権の行使を容認する閣議決定を行いました。
集団的自衛権は、自国が攻撃されていないにもかかわらず、アメリカの防衛のため自衛隊による海外での武力行使を可能にしようとするものであり、憲法の柱である平和主義を根本から覆す解釈改憲です。国権の最高機関である国会での審議も行わず、国民の判断も仰がず、立憲主義と憲法の平和主義を否定する暴挙は許すことはできません。
 日本を「戦争する国」に変える安倍内閣に対して満身の怒りをもって抗議します。
 憲法9条では、「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権はこれを認めない」と明記しています。
 私たち和歌山生協病院と附属診療所は、いのちと人権を守るため、その対極にある戦争に反対し、対話と協調で平和を実現することを追求します、それこそが積極的平和主義です。
 これからも安倍内閣に撤回を求めるとともに、今後の関係法律変更等も許さない運動にとりくみます。解釈改憲も明文改憲も許さない国民世論をさらに広げ、地域住民・国民とともに憲法改悪反対のたたかいを前進させる決意です。
 

以上

2014年7月16日
和歌山中央医療生活協同組合
和歌山生協病院 院長 古田光明
和歌山生協病院附属診療所 所長 小西教之

文字サイズ
このページのトップへ