職場紹介

薬剤課

薬イラスト医療の担い手として安全・安心の医療を提供すべき責務を果たし、薬の専門家として患者さん、スタッフから信頼され、心に残る薬剤師を目指します。

業務内容

調剤調剤風景

薬局内では、主に入院患者さまのお薬を調剤しています。
お薬の飲み方や量、飲み合わせが悪くないかチェックします。

注射薬調剤注射

入院患者さまの注射薬を1人分ずつセットして各病棟へ払い出します。
お薬の量や投与速度、投与経路などを確認します。
また、お薬を混ぜることによって品質や作用に変化がないか確認します。

服薬指導(病棟薬剤業務、薬剤管理指導業務)服薬指導

病棟に専任の薬剤師を配置しています。
お薬の説明、副作用や効果の確認など、入院患者さまが安心して治療を受けられるようにさまざまな活動を行っています。
また入院時に薬剤師が面談を行い、普段飲んでいるお薬や、今まで飲んだお薬についてなど持ちこまれたお薬のチェックをしています。
医療スタッフからの薬剤に関する様々な相談にも対応しています。

抗がん剤の混合調製抗がん剤

抗がん剤の調整はすべて薬剤師が無菌的に調製を行っています。
投与量や投与間隔、投与時間などのチェックを行っています。

医薬品管理

各部署への医薬品の供給を適切に行い、在庫・品質を管理しています。
厳密な管理が必要な分類の医薬品は、数量の管理・使用患者名の保管などを行っています。

医薬品情報の提供

薬についての情報を収集、評価し、医師・看護師・他の医療スタッフに対し、情報提供を行っています。
定期的にDIニュース、副作用ニュースなどを発行しています。
また、病棟担当者と症例検討を行い、よりよい薬物療法を検討しています。

 

スタッフ紹介

職員紹介

薬剤師5名
調剤助手1名
2014年10月現在 

文字サイズ
このページのトップへ