当病院について

理念と基本方針

当院は差額ベッド料をいただきません。無料低額診療事業を行っています。

 

 

  • 私たちは非営利・協同の組織です。
  • 人権を守り、共同の営みの医療と福祉をすすめます。
  • 保健・医療・福祉(介護)の地域連携をすすめ、安心して住み続けられるまちづくりをすすめます 。
  • 専門職としての力量を高め、安心、安全を追求します
  • 地域まるごと健康づくりをすすめます。
  • 憲法と平和を守り、医療・福祉制度をよくする運動に取り組みます。


 
2003年4月制定
2009年9月30日改定
2014年7月16日改定
和歌山生協病院・附属診療所 

 

 

当院は患者さんの権利を守ります

◇ご自身の健康状態について十分な情報を求めることができます
◇ご自身の診療録(カルテ)の開示を求めることができます
◇気兼ねなく主治医とは別の医師から意見を聞くことができます
◇十分な説明を求め、治療法などをご自身で選択できます
◇個人情報の秘密は守られます
◇病気やその療養方法及び保健・予防について学習することができます
◇医療や福祉の改善を国と自治体に要求する権利を援助します
◇地域とともに歩む専門職として共同のいとなみの医療をすすめます

 

 

 

 

 

 

和歌山生協病院・附属診療所 医療福祉宣言

いのちの流れ紀ノ川のほとり、いのち守ろうと1980年12月に和歌山生協病院が開院しました。地域に学び、支えられながら深く根をおろし、医療と運動を通して地域になくてはならない病院として発展してきました。患者・組合員・地域の方々の財産として守り、期待に応えられる医療機関に成長できるよう、ここに和歌山生協病院・附属診療所の医療福祉宣言をします。

人権を守り、ともにつくる医療と福祉

わたしたちはいつでも、どこでも、だれでも安心して受けられる医療・福祉を患者・組合員・地域の方々と職員との協同ですすめます

地域に根ざす保健・医療・福祉のネットワーク

わたしたちは予防から診断、治療、リハビリまでの医療技術の向上に努め、安心・安全の医療・福祉をすすめ、地域まるごと健康づくりのためのネットワークづくりをすすめます

安心して住み続けられるまちづくり

わたしたちは子供たちが健やかに育ち発達を保障され、高齢者や障害をもつ人々が安心して暮らせるまちづくりをすすめます。また、社会保睦制度改悪に反対し、医療や福祉を良くする運動を積極的にすすめます

憲法と平和、福祉の国づくり

わたしたちは生命と人権が守られるよう憲法を守り、生命と健康を破壊するあらゆる戦争に反対します

非営利・協同の組織としての発展

わたしたちの病院・附属診療所は組合員の財産です。地域の健康を守る砦として地域に根づくよう、営利を目的とせず、組合員の運営・参加をすすめます

地域とともに歩む専門職

わたしたちは病気や障害をもつ人々の苦しみや生き方に共感し、地域の中で学び成長する専門職の育成をすすめ、地域の人々との共同のいとなみの医療を大切にします

この宣言は今後、時代の変化や要請にこたえて成長・発展します

2003年4月1日 和歌山生協病院・附属診療所

文字サイズ
このページのトップへ