職場紹介

3階病棟

赤ちゃんからお年寄りまで

3階病棟は内科・外科・小児科の混合病棟で様々な疾患を有する患者さまが入院しており、幅広い看護を行っています。内科は慢性疾患の高齢者が大半で、療養指導に重点をおきながら、出来るだけ日常と同じ活動に近づけるように援助を行っています。外科は手術・急性疾患が多く、おもにがん看護における周手術看護と苦痛緩和ケアを行っています。悪性疾患の治療においては精神面の援助と、家族とともに終末期をどうその人らしく過ごすかを大切に、受け持ち看護師が中心となり取り組んでいます。療養中でも楽しみや癒しをと季節行事も開催したりしています。小児科は、1歳から15歳までの患者さまを対象にしていますが、年齢を越えて継続的に看護を行ってもいます。発達段階に応じた安全で安心な小児看護を提供しています。病院開院から受け継いできた地域医療の病院としてこれからも活動していきたいと思います。

文字サイズ
このページのトップへ