職場紹介

4階回復期リハビリ病棟

笑顔と元気がでる病棟

2003年度より回復期リハビリ病棟が始まりました。「笑顔と元気のでる病棟」「選ばれる回復期リハビリ病棟をめざして」を合言葉にスタッフ一丸となってがんばっています。毎日のリハビリをスムーズに進められるよう日々の生活援助を行い、患者さまが笑顔でリハビリができるよう病棟行事なども行っています。月1回の喫茶店もみなさんとても楽しみにされています。今後ともスタッフ一同力量を高めながら、患者さまから信頼される回復期リハビリ病棟をめざしていきます。

その人らしさを大切に

・本人・家族の思いを大切に、カンファレンスを毎週持ち、目標設定しています

・年5回の季節に合わせた行事(運動会・七夕・クリスマスなど)を実施しています

・月1回、コーヒー・紅茶・昆布茶・緑茶などを愉しんでもらう喫茶店の催しを開いています

・医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・医療ソーシャルワーカー・介護福祉士による情報共有・アプローチ・マネジメントをします

・退院前の家屋評価・環境調整を実施します

・退院後の生活に、スムーズに移行できるように、退院前カンファレンスを実施し、退院後の支援も行っています

機能回復を目指して

・信頼関係を大切に個別担当制をとっており、1日2時間から3時間のリハビリテーションを行っています

・1日2回(午前9時・午後14時半から20分間)の集団起立訓練・集団体操を実施しています

・カンファレンスで目標を共有し、個別のリハビリテーション以外に、看護師・介護福祉士と一緒に歩行練習を実施します

・自主トレーニングの指導や、ご家族への介助方法の指導も積極的に行っています

 

 

 

文字サイズ
このページのトップへ